Chaos, Order, and Nature
カオスと秩序と自然

I suspect that the fate of all complex adapting systems in the biosphere—from single cells to economies—is to evolve to a natural state between order and chaos, a grand compromise between structure and surprise.

AT HOME IN THE UNIVERSE, STUART KAUFMAN
Oxford Paperbacks

単一の細胞から経済システムまで、生物圏におけるすべての複雑適応系は、秩序とカオスの境界にある自然な状態に向かって、あるいは、構造あるものと予期せぬものの間のおおいなる妥協点に向かって、進化していく運命にあるのではないか

自己組織化と進化の論理、スチュアート・カウフマン著
米沢富美子訳、日本経済新聞社

This quote may be simplified as “materials evolve towards a state between order and chaos”. It may be said that evolution tales place between order and chaos.

It is to see the process of emergence and evolution of lives from the formation the earth as the change of state from chaos to order.
There was chaos then the order. It is a natural process.
Order forms itself naturally, not contingently nor necessarily, through a combination of microscopic contingencies and macroscopic necessities.

Chaotic states and ordered states are both within the nature.

この引用を簡潔に解釈すると「物質は秩序とカオスの間に向かって進化する」ととなるだろう。進化は秩序とカオスの間で起こると言ってもいい。

地球の形成から生命の創発と進化の過程を、カオスから秩序への状態変化の過程として、みなしてみるということだ。
まずカオスがあり、そこから秩序は形成された。それは自然な過程である。
偶然でも必然でもなく、ある程度の偶然と大まかな必然が織り交ざった過程をとおして、秩序は自然に形成する。

カオス状態も秩序状態も、ともに自然にある。