parallelism of body and mind
体と心の平行論

[I]t is by one and the same movement that we shall manage, if possible, to capure the power of the body beyond the given conditions of our knowledge, and to capture the power of the mind beyond the given conditions of our consciousness

SPINOZA PRACTICAL PHILOSOPHY, Gilles Deleuze
translated by Robert Hurly, CITY LIGHTS BOOK

みずからの認識の所与の制約を超えた身体の力能をつかむことが私たちにもしできるようになるとすれば、同じひとつの運動によって、私たちはみずからの意識の所与の制約を超えた精神の力能をつかむことになる 

スピノザ実践の哲学、ジル・ドゥルーズ著
鈴木雅大訳、平凡社

Mind and body are parallel.
To capture the power beyond the given conditions means that to become able to do things which are unable yet.
When we become able to do the things which were not physically possible, we have already become able to do the corresponding things mentally.
When we become able to do the things which were not mentally possible, we have already become able to do the corresponding things physically.

心と体は平行している。
「所与の制約を超えた力能をつかむ」というのは、出来ないことが出来るようになるとうこと。
物理的に出来なかったことが出来るようになれば、それと対応して同時に、精神的に出来なかったことも出来るようになっている。
精神的に出来なかったことが出来るようになれば、それと対応して同時に、物理的に出来なかったことも出来るようになっている。