encountering
出会うこと

When a body “encounters” another body, or idea another idea, it happens that the two relations sometimes combine to form a more powerful whole, and sometimes one decomposes the other, destroying the cohesion of its parts.

SPINOZA PRACTICAL PHILOSOPHY, Gilles Deleuze
translated by Robert Hurly, CITY LIGHTS BOOK

ある体が他の体に、ある観念が他の観念に「出会う」とき、この両者の構成関係はひとつに組み合わさってさらに大きな力能をもつあらたな全体を形成することもあれば、一方が他を分解しその構成関係の結合を破壊してしまうこともありうる 

スピノザ実践の哲学、ジル・ドゥルーズ著
鈴木雅大訳、平凡社

This represents the essence of growth as a phenomenon.
“To form a more powerful whole”.
That is where all living things head for.
That is where all will and desires are sourced from.
That is the nature of lives.

To see an artwork is that the idea which the audience has encounters the idea of the artwork. At that moment, it happens that the two relations sometimes combine to form a more powerful whole.
To buy an artwork is that the body (material aspect) of the buyer and the body (material aspect) of the artwork combine to form a more powerful whole.

これは成長という現象の本質を表している。
「大きな力能をもつあらたな全体を形成すること」
それは、あらゆる命あるものの目指すところのもの。
意思と欲の根源となるところのもの。
それは、命の「自然」であるところのもの。

美術作品を見るとは、鑑賞者の観念と作品の観念が「出会う」ということ。そのとき、鑑賞者の観念は作品の観念と「ひとつに組み合わさってさらに大きな力能を持つあらたな全体を形成することもある」
また作品を買うということは、購入者の体(=物理的な構成関係)と作品の体(=物理的な構成関係)が「ひとつに組み合わさってさらに大きな力能を持つあらたな全体を形成する」ということ。