complex and whole from the beginning
始めから複雑で全体的

Life emerged, I suggest, not simple, but complex and whole, and has remained complex and whole ever since

AT HOME IN THE UNIVERSE, STUART KAUFMAN
Oxford Paperbacks

生命は単純な形ではなく、複雑で全体的な形をもって現れた。そしてそれ以来、複雑で全体的なままである

自己組織化と進化の論理、スチュアート・カウフマン著
米沢富美子訳、日本経済新聞社

In general, life is thought to be evolved from simple single cell to complex multicellular organisms. This quote says the opposite.
It is right if attention is paid not on a single unicellular organism but on the whole in which diverse unicellular organisms complexly interact.

And it seems this can apply to other things.

A sociologist would say:
“Society emerged, I suggest, not simple, but complex and whole, and has remained complex and whole ever since.”

A linguist will say:
“Language emerged, I suggest, not simple, but complex and whole, and has remained complex and whole ever since.”

A Psychologist might say:
“Desire emerged, I suggest, not simple, but complex and whole, and has remained complex and whole ever since.”

Changing the subject enables to see things from another perspective.

一般的には、生命は単純な単細胞から複雑な多細胞生物へと進化したと考えられている。この引用はそれに異を唱えている。
単細胞単体に注目するのではなく、無数の単細胞が織りなす複雑な全体像に注目すればその通りだろう。

そして、それは生命だけでなく他の事物に当てはまりそうだ。

社会学者ならこう言うだろう。
「 社会は単純な形ではなく、複雑で全体的な形をもって現れた。そしてそれ以来、複雑で全体的なままである 」

言語学者ならこうだ。
「 言語は単純な形ではなく、複雑で全体的な形をもって現れた。そしてそれ以来、複雑で全体的なままである 」

心理学者ならこう言うかもしれない。
「 欲望は単純な形ではなく、複雑で全体的な形をもって現れた。そしてそれ以来、複雑で全体的なままである 」

主語を変えると、また別の視点から物事を見ることが出来る。