heart of life
命の核心

At its heart, a living organism is a system of chemicals that has the capacity to catalyze its own reproduction

AT HOME IN THE UNIVERSE, STUART KAUFMAN
Oxford Paperbacks

自己の複製に対して触媒能力をもつ化学物質の系、これが生物の核心である

自己組織化と進化の論理、スチュアート・カウフマン著
米沢富美子訳、日本経済新聞社

This quote explains the heart living organism from a materialistic viewpoint. However there are not only material but also mind inseparably inherent in a living organism.
In other words, it should also be logical to say:
” At its heart, a mind is a system of chemicals that has the capacity to catalyze its own reproduction”.
This seems radical and disagreeable but quite interesting.

これは物質的な視点から生物の核心を述べた引用であるが、生物には物質だけでなく精神も不可分に備わっている。
つまり、こう言い換えることも出来るはずだ。
「 自己の複製に対して触媒能力をもつ化学物質の系、これが精神の核心である」
これは、恐らく賛同を得る事がない乱暴な考えだろう。しかし、なかなかに興味深い。